ふるさと納税めぐり

楽天ふるさと納税の情報を発信します。

ふるさと納税で手に入れる「ずんだ餅」【実食レビューあり】

ずんだ餅は、日本の東北地方、特に宮城県の伝統的な和菓子です。

その名前は「ずんだ」という枝豆(若い大豆)のペーストから来ています。

ずんだ餅の起源は具体的には定かではありませんが、伝承によれば、室町時代に武将が戦場で簡単に食べられる携帯食としてこの餅を用いたとされています。

また、江戸時代には既にこの地方の名物として親しまれていた記録があります。

ずんだ餅は、その保存性と栄養価の高さから、旅行者の携帯食や贈答品としても用いられてきました。

ずんだの特徴とその魅力

ずんだ餅の最大の特徴は、その独特な味わいと食感です。

主な材料は枝豆で、これを茹でてからすり潰し、砂糂と塩を加えて滑らかなペースト状にします。

このずんだをもち米で作った柔らかい餅に塗り、一口大に丸めて完成します。

このシンプルながらも独特の甘さと豊かな風味、もちもちとした餅との組み合わせが絶妙で、食べる人を虜にします。

ずんだ餅は見た目にも鮮やかな緑色をしており、その色合いは自然の恵みを感じさせます。

また、枝豆はたんぱく質やビタミン、ミネラルを豊富に含み、健康的なスナックとしても最適です。

和菓子としてのほどよい甘さと栄養価の高さが、ずんだ餅の魅力をさらに引き立てています。

 仙台市の返礼品としてのずんだ餅

仙台市をはじめとする宮城県は、ふるさと納税の返礼品として地域特産品を積極的に提供していますが、中でもずんだ餅は特に人気のある返礼品です。

この甘くて風味豊かな郷土菓子は、仙台市の食文化を象徴する逸品として知られています。

ずんだ餅を選ぶことで、寄付者は仙台市の伝統と現地の味を自宅で直接楽しむことができます。

ずんだ餅の返礼品としての魅力は、その新鮮さと品質にあります。

仙台市から直送されるずんだ餅は、製造から発送までの時間が短いため、枝豆のフレッシュな風味と餅の柔らかさをそのまま味わうことができます。

また、ふるさて納税を通じてずんだ餅を受け取ることで、仙台市の農業や地元産業を直接支援することにもつながります。

仙台市ふるさと納税を利用することで、美味しいずんだ餅を楽しむだけでなく、地方の伝統と文化を支える一助となるのです。

これは、地域を愛するすべての人々にとって有意義な方法であり、美味しい返礼品を通じて仙台市とのつながりを感じることができます。

こちらが私が楽天ふるさと納税でいただいた返礼日の仙台のずんだ餅です。

仙台市ふるさと納税返礼品であるあおばだんご本舗のずんだ餅です。

仙台駅にもある有名なお店です。

枝豆をすりつぶしたものが「ずんだ餡」ですので、健康にもいいです。

こんな感じで冷凍で送られてきます。

解凍しました。

黄緑のずんだ餡が健康に良さそう。

餅もやわらかく、仙台の現地で食べるずんだ餅と全く同じ味が味わえます。

10,000円の寄付でずんだ餅10玉入×3箱セットいただけます。

軽い食事にもなり、私は昼食として食べました。